漫遊 - ショップ漫遊

漫遊

ミネラルとは

語源は英語の鉱物からきていますが、生体内では微量元素として用いられています。

人間の骨格を構成するカルシウム(Ca)やリン(P)は全体重の1〜15(20)%程度もあります。

でとくに多いミネラルが、カルシウムとリンです。

そのほかは、全部まとめても、せいぜい全体重の1%以下です。

人間のからだの60%程度が水分であるところから、酸素や水素の存在量がいかに多いかがわかります。

体内ではおよそ70前後の元素(ミネラル)が活躍しているといわれ、 そのうち体の成長や、生命活動を維持するうえで、どうしても欠かせないミネラルを必須ミネラルと呼び、これらには、概ね16種類の元素があります。

カルシウム、マグネシム、ナトリウム、カリウム、亜鉛 、りん、 鉄、マンガン、銅、バナジウム・・・など。

 

ミネナルウォータなら富士青龍水

 

新着記事